家政婦は見た!で何を連想します?

まだ、『大人の折り紙』という言葉すら知らなかった、数ヶ月前・・・。

飲み会の席で『家政婦は見たを作ってやるぞ〜』と言われ頭の中にはドラマの『市原○子』扮する家政婦がぐるぐる〜〜

完成後・・・数秒の??の後、大爆笑!!!

これは5,000円札の樋口一葉さんがお札の陰から顔を出してるといった感じで、

まさに家政婦がよその家庭をのぞき見る。。。と、何ともユーモアたっぷりの
『折り紙』(←折り札のほうが良いのでは?)です!!

・・・おもしろい! まさしく大人の折り紙!!といった感じです。

ほかにも、思わず『ナイスネーミング!!』と思ってしまう折り紙が数多くあるそうですね。この作品を見て、笑えるのは、大人になったからなんだろうな〜なんて思ってしまいます。

折り紙の素材も、作品名も、すべてにおいてこれは、『大人の折り紙』だと思います。

早速、私も本屋に走りました(汗)